COMPANY

会社案内

企業理念

PHIROSOPHY

お客様の喜びと社員の物心両面の幸福と会社の発展との融合を図り、
社会、人類の環境、産業、文化の向上、発展に貢献する。

昭栄産業株式会社は、
社員一人一人が問題意識をもち、
自分の優れたところを力の限り出し合い、
事業を通じ、社会に役立つた
めに企業理念と行動基準を定め、
適法かつ公正な事業活動の推進に努めます。

  • 01企業活動の目的

    当社は、多様化する消費者ニーズを的確に把握し、誠意と創意工夫と独自の技術をもって、製品・技術・サービスの提供に努め、顧客満足や信頼を得ると共に、経営の安定を図りながら、より豊かな社会の実現に努める。

  • 02環境問題への
    取り組み

    当社は、環境問題への配慮を常に忘れず、自主的・積極 的に環境の保全に取り組む。

  • 03法令等の遵守

    当社は、業務の健全かつ適切な運営を通じて、地域経済の発展に貢献するとともに、法令等遵守態勢の整備、遵守方法を定め、法令等遵守を経営の最重要課題のひとつとして取り組みます。

  • 04社会貢献活動

    当社は、事業を通じて社会の健全なる発展と豊かさに貢献するため、地域社会との調和を追及し、積極的な社会貢献活動を行う。

  • 05明るい
    職場環境の実現

    当社は、働きやすい職場環境を確保するとともに、社員の人格・個性を尊重し、能力や個性をさらに伸ばす努力を惜しまない。

代表挨拶

代表挨拶

代表取締役

福原 昭義

当社は官公庁・民間施設への各種ポンプとその関連機器の販売・修理・メンテナンス、機械器具設置工事事業を展開しています。
最初は専門知識がなかった社員も、自分の仕事と真正面から向き合い、一人一人が技術を磨き責任を持って取り組み、それぞれが連携しあいながらお客様のニーズに応えています。成長意欲あふれる人には、それにふさわしい活躍の場を約束します。ぜひ身につけた知識と技術で、業界産業を支える仕事を目指してください。

会社概要

COMPANY

昭栄産業株式会社

〒920-0058 石川県金沢市示野中町1丁目205番地
TEL (076)223-2311
FAX (076)223-2322
Email:info@show-a.jp

昭和53年5月

昭和55年6月2日

10,000,000円

代表取締役 福原 昭義
専務取締役 福原 博之
9月 (年1回)
北國銀行 金沢西部支店
福井銀行 金沢支店
三井住友銀行 金沢支店
みずほ銀行 金沢支店
石川県知事許可 (般-17)10293号
許可業種 機械器具設置工事業 / 管工事業 / タイル・れんが・ブロック工事業

・公害防止機器・装置・施設の製造、販売、設置、保守点検、修理
・産業機械・器具・装置の製造、販売、設置、保守点検、修理
・各種ポンプ・ブロワー・水処理機器及び装置の販売、据付、配管、修理、保守点検
・環境関連機器・装置の製造、販売、設置、修理、レンタル
・機械器具設置工事
・管工事業・電気工事業・鋼構物工事業
・レンガタイル工事業
・重金属排水処理システム、薬剤の輸出入、及び機械装置の販売、保守、修理

金沢商工会議所・金沢法人会

地図

MAP

沿 革

HISTORY

昭和 53 年 5 月 金沢市神田1丁目27番16号で昭栄産業を個人創立し、
水中ポンプの修理を始める
昭和 55 年 6 月 昭栄産業株式会社に改組する
昭和 58 年 ブロワー修理を始める
昭和 59 年 焼却炉の販売を始める
昭和 60 年 真空ポンプの修理を手がける
昭和 63 年 建設業の許可を受ける (管工事・機械器具設置工事)
平成 6 年 真空ポンプを利用した搬送システムの製造販売を始める
平成 9 年 1 月 本社を金沢市黒田1丁目140番地に移転
平成 11 年 アメリカ・Romar Technologies社と日本総代理店契約を結び、
ロマーシステム(銅廃水システム)及びRP9000-J(銅廃水処理剤)の輸入、
国内・外の営業を開始する
平成 19 年 1 月 本社を金沢市示野中町1丁目205番地に移転
平成 19 年 2 月 銅廃水処理剤の輸出を始める
平成 26年 12 月 中国 蘇州市 排水処理を構築する
平成 27年 1 月 自社ブランド重金属捕集剤の輸出を始める
平成 27年11月 脱水機の販売を始める
平成 28年6月 大型塗装ブースを受注する
平成 28年 7 月 自社ブランド キレート剤を開発し販売を始める
平成 28年 7 月 自社ブランド 凝集剤を開発し販売を始める
平成 29年 10 月 超音波センサーを開発し販売を始める
現在に至る
TOP